英語での留守番電話
How’s it going everyone? 翻訳担当のナミです!前回は2回にわたってビジネス英語の電話対応についてお話しましたが、電話対応に関連して大事なのは留守番電話に関してです。留守番電話は時間に制限があるため内容は簡素にしなくてはなりません。しかし、実際に電話で相手と話すときと同じようにマナーよくメッセージを残しましょう。

留守番電話の録音

英語 : “Hello, you have reached ○○○ from XXX. I am currently unavailable to answer the phone. Please leave a message with your name and phone number after the tone.”

日本語: 「はい、×××社の○○○です。ただいま電話に出ることができません。発信音の後に、ご用件、お名前とお電話番号をご伝言ください。」

社内電話の場合

英語 :“Hello (Hi), you have reached ○○○’s office. I am currently out of office. Please leave a message with your name and phone number after the tone.”

日本語:「はい、○○○のオフィスです。ただいま席を外しております。発信音の後に、ご用件、お名前とお電話番号をご伝言ください。」

留守番電話を残す

英語 :“Hello, this is ○○○ from ×××. I am calling you in regards to…. My number is 1234567890. Once again, this is ○○○ from ××× and the number is 1234567890. Thank you.”

日本語:「こんにちは、×××社の○○○です。…に関してお電話差し上げました。私の電話番号は1234567890です。繰り返します、×××社の○○○で、電話番号は1234567890です。宜しくお願いします。」

留守番電話は、制限時間があるため用件を簡素に伝える必要があります。録音する場合も相手が誰に電話しているのかすぐに分かるように心掛けると良いでしょう。掛けた相手がいつ留守番電話になるか分からないので、つねに練習しておけば、万が一のときも慌てずに済みますね!